FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ジジとバケツの結末 (火曜日の散歩の前半)
相変わらず寒い火曜日の散歩♫

いつもの公園に向かおうとしたら、


P1100244.jpg


園児たちが大勢遊んでいました!


P1100245.jpg


これは大変!と、行き先変更〜。


P1100248.jpg


運河沿いの遊歩道に直行〜♫


P1100249.jpg


植え込みの上から、周辺を見回すジジ。

今日も異常なし!


P1100253.jpg


秋らしい深みのある色…。綺麗〜♫


P1100254.jpg


パンジーも植わって、季節を実感しますね〜♫


P1100255.jpg


クンクンしているジジの、この背中の丸いライン。

萌え〜♫って感じです。


P1100256.jpg


落ち葉をガサゴソ。


P1100257.jpg


根元をクンクン…。

そんないつものお散歩ですが、

おお!

久しぶりに見るものが…!!!


P1100258.jpg


カワウのダンスです♫


P1100259.jpg


ワタシが勝手にダンスと呼んでいるだけですが。


P1100260.jpg


こちら、運河のハンター、カワウくん♫


P1100297.jpg


以前にも、記事にしたことがあります。

(その記事は、こちら

翼を広げて、上下にふわふわ動かして、しばらく浮かんでいるのです。

この日は、3羽のカワウがいました。

久々にこのダンスが見られて、嬉しかったです!


P1100261.jpg


真冬のような寒さの中、頑張っている朝顔ちゃん♫


P1100263.jpg


そして、この日は、ついに、


P1100264.jpg


この木にマーキングしました!


P1100266.jpg


ここは、やっぱり、僕のもんだぞ〜!


P1100267.jpg


みんな、分かったか〜!


P1100268.jpg


大丈夫かな?と何度もクンクン!


P1100270.jpg


僕が見張っておいてあげたよ♫

とバケツくん。


P1100271.jpg


いや〜、お世話になってありがとう♫

とジジ。


P1100278.jpg


君のことも、これからは僕が守ってあげるよ〜♫

とジジ。

すっかり仲良しになったジジとバケツくんです。

めでたし、めでたし♫


P1100274.jpg


菊、


P1100275.jpg


菊、


P1100280.jpg


菊がいっぱ〜い♫



写真を撮っていたら、

同じように、菊に見とれていらしたご婦人が、

『綺麗よね〜。いい香り。田舎を思い出すわ〜♫』

とおっしゃり、しばらくお話をしました。



そのうち、ジジが、ウーー、ワンッ!ワンッ!と暴れ出したので、

いつものように謝りながら、慌ててジジをお座りさせようとしたら、

『あら、いいのよ! それが犬のお仕事だから!』

『大丈夫よ。それがワンちゃんよ。』

『ホントよ! ちゃんと番犬してるのね。』

『犬って、そういうもんよ!』

『でも、珍しいわよね。そんなワンちゃん。

最近のこの辺のワンちゃんは、犬じゃないわよね〜〜』

とおっしゃってくださり、

涙が、ちょちょぎれそうになりました。



確かに、ワタシが子供の頃は、

(半世紀以上前!)

お座敷犬を飼っている人は稀で、

犬というと番犬で、

玄関や庭先で怪しい侵入者に吠えかかって、

追い払ったりしておりました。

小さい頃、野良犬に追いかけられて、

泣きながら路地を走って逃げた記憶があります。



人と犬が安全に平和に共存していけるように、

マナーやしつけを云々するようになって久しいですけど、

昔は確かにそうでした。

犬は吠えたり噛んだりする恐いものでもあったのです。

あ、もちろん、

おとなしい穏やかなワンちゃんもいましたよ〜♫



ワタシが最近読んでいるトレーナーさんのブログに、

アニマルライツという言葉が出てきます。

animal rights (動物の権利)

ウィキペディアによると、

『動物には、人間から搾取されたり残虐な扱いを受けることなく、

それぞれの動物の本性に従って生きる権利があるとする考え方』

とあります。



『それぞれの動物の本性に従って生きる権利』

という言葉にハッとしました。

犬の『本性』って、どういうものでしょう?

犬がその本性に従って生きる『権利』を守るためには、

飼い主はどうすればいいのでしょう?



そのトレーナーさんは、

人の都合より犬の生活を優先させるべきである

と言っておられます。

人の都合に振り回されることなく、

出来るだけストレスを感じない状態で、

生活させてあげましょうと。

そのためには転居も厭わないくらいの覚悟がいると。

それが出来ないなら飼ってはいけないと。



もちろん、ペット飼育に関して、

考え方はいろいろあって、

正解がどれなのか、分かりませんし、

そもそも、正解なんてないのかもしれません。

ある人の考え方を全て鵜呑みにしてはいけないと思えますし、

特定の考え方を推奨するつもりもありません。

ワタシは、この方のブログを全部読んでいませんし、

まだいいとも悪いとも、何も言うことはできませんが、

心惹かれた内容があり、

これからも読み続けたいな〜と思っています♫



この方によると、

ジジのように、吠えたり噛んだりする問題行動の原因は、

ほとんどが不安とストレスなので、

まずその原因を取り除いてあげようとのことです。

この問題行動という言葉は、

人にとって迷惑な問題になるというより、

犬にとってもストレスになる良くない行動

とワタシは捉えています。



ジジの幸せとはどういうことだろう?

ワタシはジジの幸せのために何ができるだろう?

このトレーナーさんのブログを読んで、

よく考えて、

これからもジジと暮らしていきたいな〜♫

と思う昨今です。



今日は、なんだか、マジメな話になってしまいました。

しかも、長い〜〜!!!

なので、散歩の後半は、次回に続きます〜♫



スポンサーサイト
[2013/11/13 15:48 ] | ワンコ | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。