スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
HAPPY BIRTHDAY
今日は、次女の誕生日です♫

お誕生日、おめでとう〜〜〜!!!

27年前の今日、

無事に、この世に生まれてきてくれて、

本当に、ありがとう〜〜!!!




思い起こせば、

予定日のひと月ほど前、

陣痛ではない突然の強烈な腹痛に襲われて、

救急車で病院に運ばれたワタシ。

何が起こったのか分からない中、

このまま死んじゃうのかも…

と思ったほどでした。



救急隊の人に、何度も、

『お産じゃないですよね!?』

と聞かれ、

『いいえ、違います』

『一度経験していますから、分かります』

と、必死で答えるワタシ。

でも、ちょうどお盆の時期で、どこの病院もお休み中…。

妊婦ということで、かかりつけの産科の病院に運ばれました。



検査をしてもらっても、原因が分かりません。

『赤ちゃんは大丈夫ですよ。』

『陣痛ではないので、このまま様子をみましょう。』

という先生の言葉だけが救いでした。



痛み止めの処置をしてもらっても、

いっこうに、収まる気配はなく、

ひたすら、苦しみ続けるワタシ…。

不安と苦しみの中、数日過ごし、

やっと収まってきたのですが、

お腹には、青い内出血のようなアザが…。

それを見て、首をひねる先生…。

結局、一週間後、原因不明のまま、いったん退院。

お腹の鈍い痛みは、残っていましたが、

しばらく実家で過ごしていました。



予定日が近づいてきた頃、

またまた、痛みが…!!!

前ほどではないものの、

同じ種類の痛みです!

その時、ハタと思い当たったのです。

これは、ひょっとして、

お腹の筋肉が、つっているのではないだろうか…!?と。



近くの整形外科に行ってみると、

なんと、その通りでした!

先生もビックリです!

『確かに、つっていますね…』と。

こんなことは、先生も経験がないようです。

赤ちゃんに影響の無い痛み止めを処方してくれました。



いやいや、痛いはずです!

こむら返りが、お腹で起こっていたのですから!!!

産科の先生が分からなかったのも、無理はありません。

原因が分かり、痛み止めも効いて、

ようやくホッとしたのでした。



それから数日後、

今度こそ、本物の陣痛が!

お産の最中にお腹がつってしまったら、どうしよう…

と、不安だったのですが、

そんなこともなく、

無事に、生まれてきてくれました!



最後のひと月は、

増えるはずの体重が、逆に減ってしまったワタシ。

それでも、

お腹の中で頑張って成長してくれて、ありがとう!!!

元気に生まれてきてくれて、本当に、ありがとう!!!



お誕生日の今日。

それは、

こんな感謝の気持ちを伝えたい日でもあるのです♫


20130904tannjoubi1.jpg


周りの人たちを元気にしてあげようと

いつも考えていてくれるよね♫

いつまでも、そのままで、

食べると幸せな気持ちになれる

とびっきり美味しいスイーツのようでいてね♫


スポンサーサイト
[2013/09/04 12:50 ] | ワタシ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<視線の先には | ホーム | ガン検診>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jijijun.blog.fc2.com/tb.php/108-0f516678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。