スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
些細な行為
P1090444.jpg


今日から数日、また夏のような気温らしいですが、

見上げると、秋らしい空になってきました♫

夜の散歩中、

涼しい風に当たりながら、ベンチでゆっくり休憩していると、

身体が冷えてしまって、思わずクシャミが出ることもあります。



そんな、ある夜の事。

ジジと散歩していたら、

吹きつけてきた強風で、

歩道におられたご夫婦のご主人の帽子が、

車道の真ん中に、飛ばされてしまいました。



見れば、奥様の方は脚がご不自由なご様子で、

ご主人は、奥様を支えていらっしゃって、

すぐに、そばを離れられなくて、

ああ~~!と声をあげ、おろおろされています。



ちょうど、ワタシたちは、

その道路を渡って向こう側へ行こうとしていました。

ジジを連れていましたが、

迷わず、ワタシは、その帽子を拾って引き返し、

ご主人にお渡ししました。



お二人は、ちょっとびっくりされたようでしたが、

笑顔で、何度も、お礼の言葉を口にされました。

ワタシにとっては、ほんの些細な行為で、

お礼を言われるほどのことでもなんでもありません。

むしろ、

ジジがガゥ~ッと言わなくて、良かった~〜♫

と思いながら、その場を後にしたのでした。



お二人は、

神戸のジージとバーバよりもお若いシニアのご夫婦でしたが、

ワタシの両親も、

いつか、どこかで、困ってしまって、

誰かの手をお借りしたくなる時があるかもしれません。

それは、

誰かにとっては、ほんの些細な行為でも、

ジージとバーバにとっては、とても有難いこと。

そういう時、

どなたかが、手を貸してくださいますように…。



善意というほどのことではなくても、

ほんの小さな思いやりの心を持っていられるような、

その気持ちを表すことを惜しむことのないような、

そんな日々を送りたいです♫


P1090397.jpg



さて、

都会の夜は明るくて、星がほとんど見えません。

曇りの日は、夜でも、街の明かりが雲に反射して、

空が明るい時があります。

ベンチで休憩して、空を見上げても、

星は、数個しか見えません。

少し寂しい気がしますが、

星の代わりに、目を楽しませてくれるもの…♫


P1090452.jpg


いつも見ている景色だけれど、

何故か、見飽きることがありません…♫


P1090450.jpg


一番大きい、派手な屋形船…♫


20130912jiji1.jpg


いつものベンチで…♫



ここで休憩していたら、

小さなワンちゃんを抱っこして、

若い女性が歩いてこられました。

毛がふわふわしたマルチーズちゃんでした♫

まだ、生後4ヶ月にもならなくて、

予防接種が済んでいないため、抱っこでお散歩されているのです。

キョトンとした丸い目をして、大人しく抱っこされていました♫



ワタシは、

ジジが、いつ、ガウ〜〜ッと暴れ出すかと、

気が気ではなかったのですが、

何故か、大丈夫でした。

とても小さいワンちゃんだったし、抱っこされていたから、

ワンちゃんだと認識しなかったのでしょうか…!?

ともあれ、良かったです!



この日は、ガウ〜とならない場面が、

珍しく、二回あり、

ジジは、お利口さんでした♫



ところで、最近、

運河沿いの遊歩道の街灯が、

とても明るいものに変わりました。

以前は、

場所によっては真っ暗で、怖いくらいでしたから、

夜の散歩が、ますます楽しいものになりました♫




スポンサーサイト
[2013/09/12 15:08 ] | ワンコ | コメント(4) | トラックバック(0)
<<台風前のお散歩 | ホーム | 立派なヒマワリ>>
コメント
いいね!
それこそはボーイスカウトのスローガン
[2013/09/12 22:30] | URL | こうへい #- [ 編集 ]
普段の生活をしていると、
善きことをなせる機会は、なかなかないのだけれど、
見逃していることもあるだろうから、
周りに心を配る気持ちの余裕を持ちたいね♫

『小さな親切、大きなお世話』
に、ならないように気をつけながら…。
[2013/09/13 13:18] | URL | スヌーピー #- [ 編集 ]
いっぱいいっぱいの時、人に気を配ることで逆に心の余裕を取り戻したりすることを知りました。
人間って思いの外、頑丈ですね。
まさに、情けは人のためならず!
[2013/09/14 00:02] | URL | こうへい #- [ 編集 ]
いっぱいいっぱいの時に、人に心配りをするのは、なかなか出来ないことです。
それが出来るということは、器が大きいということなんでしょうね♫

自分の中に籠って悶々としていると、そこから抜け出すのは容易ではありません。
人に心配りすることで、自分のことを忘れて、
気がついたら、清々しい気持ちになっていたりします。

見返りを求めない行為でも、
報われないことがあっても、
それは、いつかは、いいものとして、
自分に返ってくるのだと信じたいです♫

[2013/09/14 15:58] | URL | スヌーピー #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jijijun.blog.fc2.com/tb.php/110-8bde6023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。