ジジと夜明かし
皆さまに、ご心配と励ましの温かいお言葉をいただいております♫

ありがとうございます!!!

心から感謝するとともに、

見守って応援してくださっているんだな〜と元気が出てきます!



ここ数日は、ジジは夜に吠えることも少なくなり、

ワタシもジージもバーバも眠れるようになりました。

先ずは、それをお知らせいたします〜♫



さて、ジジと夜更かしした翌々日のことです。

前回を上回る大変な夜がやって来ました!



今度は夜の11時半頃に、

寝静まっていたジジが吠え始めました。

オモチャで遊んだりペロペロしたりしましたが、

ジジは全く落ち着かず、すぐに吠えそうになります。



仕方なく、12時半頃、また夜の散歩に…。

この時間だと、あちこちにまだ人影が♫

途中、心配したバーバから電話が。

ケータイを片手に持ってお喋りしながら歩きました。

『明るい所を歩くから大丈夫だよ』と何度も言いましたが、

バーバは不安そうでした。

1時間半ほど歩いて、2時頃帰宅。



しかし、帰宅するや、またもや吠えるジジ…。

ペロペロするが、それでも不安がって吠えるジジ…。

そこで、再び外に連れ出しました。



少し歩いて帰宅。

しかし、まだ吠えるジジ。

オモチャで遊ぶが、すぐやめてペロペロのジジ。

しかし、どうしても吠えるジジ。



仕方なく、また外に行こうとすると、

バーバは、心配のあまり、

自分も一緒について行くと言い出して、

慌てて、止めるワタシ。

『大丈夫だから横になっていて』とワタシ。

『寝られるわけないやん』とバーバ。

バーバの気持ちも痛いほど分かります…。

でも、一緒に来られたら、

今度はバーバの身体が心配だし、

『一緒に来てもらっても何も変わらないし、

第一、寒いし、余計大変だから、

頼むから家にいて〜〜』

と、冷たく突き放すようにも聞こえるような言葉を残し、

外に出ました。

ワタシも余裕がなくなっていました。



外に出たものの、

ジジも戸惑っている様子です。

歩くのが嬉しくなさそうな様子…。

そりゃあ、そうよね。

真夜中にこんなことを繰り返すなんて、

まともじゃないわ…。



家に戻ったら3時で、前回同様、お腹が空いてきた私。

食パンをこんがり焼いて、またバターをたっぷり♫

見つめるジジに切れ端を。

一枚食べたが、まだ欲しい〜。

もう一枚こんがり焼いて、バターをたっぷり♫

見つめるジジに切れ端を。

ジジとワタシの真夜中の『おさんじ』オヤツタイムです〜。

こんなこと、していていいのか?

いいわけないわ〜。



この前は、ジジは4時頃には寝てくれたので、

それに期待するワタシ。

しかし、寝そうになっても、何かに聞き耳をたてるジジは、

キョロキョロ辺りを見回し、

ワフッワフッと、今にも吠えそうになります。



何が気になるの??何かが怖いの??

ジジの頭にワタシの頭をくっつけてみたら、

聞こえてきました。

夜のしじまに、コチコチ、カチカチ……。



あ!時計の音かな〜!

実家には、たくさんの掛け時計や置き時計があるのです。

東京の家では、ジジはほとんど聞いたことがないはずです。

そこで、ジジの近くにある時計の電池を外しました。

これで、大丈夫かな〜?



ダメです…。

ジジは、キョドキョド、ワフッワフッ、ウー、ワウワウッ!

この日は嵐のような日で、外は時折ゴーゴーと風の音…。

ベランダの植木もバサバサ音を立てています。

ジジは周りを見回し、怖がっている様子です。



ペロペロしても気が落ち着かず、

ワタシの鼻と口に噛みつきそうな勢いで、舐めまくるジジ。

そして吠える…。



風の音が怖いの…??

怖いんだね〜!そうなんだね〜!

前回、抱っこしていたら少しウトウトしたので、

今回も抱き上げようとしました。

すると、気が立って怖がっていたジジは、

いきなりウガガガ〜〜!と噛み付いてきました。

突然の攻撃で、不意をつかれ布団に尻餅をつくワタシ…。

まさに窮鼠猫を噛む…。

追い詰められたような形相のジジ…。

ワタシもちょっと萎えそうな気持ちになりました。



この直後、なぜかジジはお布団で丸くなってしまったので、

ついにダウンで寝たのかな?と思い、

あ〜疲れた〜〜〜お風呂に入りたい〜〜〜。

この隙にサッと入ってくるか!

と立ち去ろうとすると、

ジジは、サッと立ち上がり、

ヒンヒン言って、すがりつくような目で、

ワタシに近づき、ペロペロ開始…。

もう、舐められるにまかすしかないワタシ…。

ペロペロペロペロ…。ヒリヒリヒリヒリ…。



気がつけば、もう4時です。

全然寝る気配なし。

それどころか、ともすればワンワン…!

またもや、外へ…。

もう何回目なのか、よく分からないワタシ…。

こうなったら、覚悟を決めねばなりません。

人々が起きる時間までは、外にいるしかありません。



バーバが心配して、外は寒いからエントランスにいなさいと。

確かに、さすがに外を歩く元気は、

ジジにもワタシにも、もうありません。

そこで、エントランスのベンチに座ることに。



すると、時々人が出入りするのです。

こんな時間に、誰でしょう!??

意外と人が起きて活動しているんだな〜と思ったら、

新聞配達の人たちでした!

そっか〜!そういう時間だったのか〜。



しばらく、そこで過ごしていたら、

なんと、心配したバーバが見に来ました。

しかし、そのバーバに吠えるジジ。

慌てて、バーバは戻ります。



しばらくして、ふと見上げると、

扉の鏡に、ジッと動かない人影が映っています…。

誰〜〜!???

よく見たら、バーバでした!

ジジに見つからないように隠れて、

ワタシたちの様子を見ていたのです。



『そんなところで、何をしてるの〜〜〜!!!

お願いだから、家に戻っててよ〜!』

その声に、ジジがまた吠える!

バーバは、心配そうにしていましたが、

振り返り振り返り、戻っていきました。



その姿を見送った後、冷静になったワタシ。

急に、

バーバに申し訳ないことをしたという気持ちが込み上げてきて、

泣きたくなってきました。

ジジも疲れて、ぐったりしています。

そりゃあそうよね〜。

吠えるからと言って、真夜中に何度も外に出るなんて、

こんなこと、間違っている〜。

そう思い、家に戻りました。

ジージもバーバも起きて待っていてくれました。



TVは、そろそろ朝の番組です。

まだ寝ようとしないジジ。

TVでは、『おはようございます。5時のニュースです』

そして、この後は、何をしていたのか記憶があまりないのですが、

『おはようございます。6時のニュースです』

という声が聞こえる頃、ジジはやっと眠りにつきました。

ワタシもバッタリ…!

昼前まで寝てしまいました〜。

バーバに聞いたのですが、

スゴイいびきをかいていたそうです。



そして、昼前に待望の?お風呂に入ろうとすると、

またジジが起きて吠えたので、

お風呂場までジジを連れて来て、

扉を開けたまま、

ワタシは、そそくさと入浴したのでした〜。

『ジジ〜、おかあさんはゆっくりお風呂に入りたいんだよね〜。

お願いだから、少し待っていてね〜〜♫』

と話しかけながら…。



長々と、ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

ワタシのブログは、日々の出来事とワタシの心模様の記録なので、

ジジとワタシとジージとバーバにとって大変だったこの夜のことも、

ここに残しておきたいと思いました。

のちのちになって、

あの時は大変だったな〜〜〜

と、笑って、ふり返られるように…♫



この二回の徹夜の出来事に対するワタシの考察は、

日を改めて書きたいと思っています。

今日は長くなったので、ここで終わりにします。


201401121458006c5.jpg


ワタシのお布団で寝ていて、起きたてのボサボサジジくん♫



スポンサーサイト
[2014/01/12 15:13 ] | ワンコ | コメント(7) | トラックバック(0)
<<バーバとのお散歩 | ホーム | ジジと夜更かし>>
コメント
ジジママさん♪

寒くて凍てつくようなときの真夜中から朝にかけての散歩大変でしたね。どうぞお身体気をつけてくださいね。
バーバは気になって隠れて見ていてくれたのですね。ジージも心配で起きていてくれて、なんてお優しいのでしょう( ; ; )
ジジ君は何を訴えたいのかな?
早くジジ君の原因が解って、落ち着けるといいです。

ぽんの朝まで散歩の時は、そうなんです膵炎の時でした。2〜3時間おきくらいに起こされ、パパには聞こえないキューというか細い声で鳴いてました。外に出たがるので、夜中に散歩へ行き、朝方になると新聞配達のバイクと会った時は、妙に安心しましたよ^ ^
その後、病院で膵炎とわかり、3日入院をしました。服従訓練をやめてフードを変えて随分良くなりました
^o^

こんな時もあったと笑い話になるといいです。
ジジく〜ん!何も心配することはないんだよ(*^^*)
ジジママさんも身体壊さないようにしてください〜

[2014/01/12 17:27] | URL | ぽも #28.GDw4Q [ 編集 ]
ジジママさん

最近は落ち着き、朝まで寝られるとの事で、良かったです、一安心しました。
読んでいて、娘が病院から退院しての毎日を思い出していました。夜に寝なくて寝なくて本当に大変だったので。昼夜逆転で夜中にずっと泣き続け、私は壁に寄り掛かりずっと抱っこして。寝たかな〜と思って下ろすと又泣いて。そんな毎日が1ヶ月。今思うと、私を育てるのには、覚悟、忍耐が必要デスよ〜ママ、心して育児しなきゃ私は将来グレマスよ〜って娘からのメッセージだったかも。以来、娘はあの手この手で私を試すかの様に色々やってくれたりですが、あの新生児の頃を想うとどの出来事も大した事じゃないのかもと思えます。
ジジ君、やっと落ち着いて良かったです。ママさん大好き大好きなジジ君は幸せなワンコですね。真夜中に何度も何度もお散歩して、ママが頑張ってくれて、ジジ君のママへの信頼はより一層深まりましたね。
ミルクも色々変化して、イタズラしたり、泣いて困らせたりするのかな〜。お姉ちゃんで懲りたけど、ママは又覚悟と忍耐で頑張りますよ。
ジージとバーバ、お優しくて大きな心でママさんとジジ君を見守って下さって、羨ましいです。
[2014/01/13 06:54] | URL | ミルク #- [ 編集 ]
ブログの続きがどうなるのか、ずっと心配していました。
安定なさってきて良かったです。

ジジ君はとてもナイーブ。
LARLAはまだ引っ越しの経験が無いので、何もアドバイスができなくてすいません。

なにしろ、ジジ君はジジママ様の子で最高に幸せ!
そしてそれはジジ君自身が一番感じていると思います。
どうぞ穏やかな毎日をすごせますように。


[2014/01/13 07:04] | URL | ラアラママ #- [ 編集 ]
もこママさん♫

ジジと朝まで起きていたのは初めてでした〜(>_<)
疲れました〜。
でも、ジジはもっと不安で疲れたと思います〜(;_;)

近所に気兼ねをして、私がピリピリして、いつもより厳しく叱ったので、
ジジは訳がわからず、不安になって吠え続けたんだと思うんです(T ^ T)

近所には了解してもらいましたので、私たちも気が楽になりました(*^^*)

ジージもバーバもジジの気持ちを一番に考えてくれて、あれこれ工夫してくれています。
ありがたいです〜(≧∇≦)♫

夜が眠れるようになりましたので、身体は少し楽になりました(*^^*)
ありがとうございます〜♫

[2014/01/13 23:55] | URL | スヌーピー #- [ 編集 ]
ミルクママさん♫

ブログの調子がおかしくて、何度やってみても、私のコメントが投稿されません!(T ^ T)
改めてトライしてみますね〜!ごめんなさい〜(>_<)
[2014/01/14 00:41] | URL | スヌーピー #- [ 編集 ]
ラアラママさん♫

ご心配をおかけしました〜(≧∇≦)
夜が眠られるようになったので、楽になりました♫

ジジは本当に神経が過敏です〜。
今回は近所に気兼ねをして、私が神経質にジジを叱ってしまったことが原因だったかなと感じています。
近所には、了解してもらいましたので、少し気が楽になりました(*^^*)

お気遣い温かいお言葉、本当にありがとうございます〜(≧∇≦)
皆で工夫して乗り越えたいです!(*^^*)

[2014/01/14 00:52] | URL | スヌーピー #- [ 編集 ]
ミルクさん♫

お嬢さんが赤ちゃんの時、大変なご苦労をされたんですね〜。
育児も育犬も、思うようにいかないものですね〜。
私も覚悟と忍耐を試されているような気がします。
私の器を大きくするための試練なんでしょうね。

今回は近所に気兼ねをして、神経質にジジを叱ってしまったことが原因だったかなと感じています。
近所には了解してもらいましたので、少し気が楽になりました!

ジージとバーバは、ジジの気持ちを一番に考えてくれて対処してくれるので、ありがたいです(≧∇≦)
皆で工夫して乗り越えていきたいです♫
[2014/01/14 01:00] | URL | スヌーピー #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jijijun.blog.fc2.com/tb.php/202-81fae9cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |